世界遺産 金剛三昧院
[本文はここから]

ごあいさつ

このたび、金剛三昧院のホームページをリニューアルすることになり、僕副住職、時には住職が「法話」という堅苦しいものではなく、今の高野山のことや高野山の歴史、宝塔や仏像の説明、お祈りの意味などをわかりやすくお話ししていこうと思っています。
こういった文章を読むことによって、高野山という街への関心、金剛三昧院への興味を持っていただければ
…と思っています。

不景気の昨今、折りしも仏像ブームや戦国武将ブームと相まって、歴史に接する人や時間が多くなっています。
それだけ今を生き抜く人たちは、「癒し」・「和み」といったゆったりとした時間や「勇猛」・「決断力」といった先進性を望んでいるのかもしれません。

高野山は平成16年に「紀伊山地の霊場と参詣道」という名で世界遺産に登録され、海外からの来客も増えました。
今までのように檀家さんや信者さんの来山だけでなく、歴史ファンや海外の方々が来られる、開かれた宗教都市としての在り方が問われるようになってきているのかもしれません。

僕が見る「高野山」という街は歴史と神聖さを重んじ、新たなる改革やホスピタリティーを来られる方に与えきれていない部分があると思っています。
開かれた宗教都市というのも、僧侶と参拝客の接する「距離を近づける」だけで解決されるものではなく、一番大事なのは参拝客の思いや願い、悩みを聞いてあげられる「距離を近づける」を実践することによって、より高野山への愛着を深めてもらえるのではないでしょうか?

こういった文章でも、高野山の僧侶という存在を身近に感じ取ってもらえるかもしれません。
頻繁に更新はできないかもしれませんが、少しでも距離感を縮めていければ…と思っています。

よろしくお願いします。

副住職

サイトマップ
  • 高野山 金剛三昧院
  • 〒648-0211 和歌山県伊都郡高野山425番地/TEL:0736-56-3838/FAX:0736-56-2586
  • Copyright © Koyasan Kongosanmaiin. All Rights Reserved.