説法・法話
[本文はここから]

卒塔婆とは?

卒塔婆

漢字で書くと見慣れないし聞き慣れないかもしれませんが、「そとうば」というふうに書けばピンと来る方も多いんじゃないでしょうか?
省略して「そとば」や「とうば」という場所、場合もあるので、そちらの方が聞き馴染みがある方も多いかもしれませんね。

「とうば」は、元はサンスクリット語のSTUPA(ストゥーパ)という言葉が語源となっており、仏塔など塔を表す意味を持っています。
金剛三昧院に有る多宝塔も意味合い的には同じストゥーパですが、インドなどではお骨などを収める塔だったのに対し、当院の多宝塔は五体の如来像(五智如来像)を安置しており、形式的には違うものになります。

多宝塔のことは置いておき、今の時代で言う卒塔婆はお墓の墓石の後ろに立てている平たい棒というものというのが一般の方々の御存知のものだと思います。
特徴的な形にも意味があり、地面に近い所から四角、円形、三角、逆半円形、宝珠と決まっています。

一番下の四角は「地」
その上の円形は「水」
真ん中の三角は「火」
上から二番目の逆半円形は「風」
一番上の宝珠は「空」

を表しております。

「空」のところにはア字、「風」のところにはバ字など、決まった文字を入れる時もあれば、ア字を大きく表記するところもあります。
他宗では真言を用いないので戒名や俗名(生前の名前)、命日、享年などを書くところもあるようです。


亡くなった時は墓石に名を刻みますが、1周忌、3回忌、7回忌などで法事を行うときに檀家寺や菩提寺に行き、供養してもらうために卒塔婆を書いてもらうのが一般的です。
回忌ごとに書いてもらった卒塔婆は新しくするというところも、古いものも一緒に並べるというところと種々あり、決まりはないのかもしれません。

最近ではコンピューターからプリントアウトできる機械もあるようですが、地方ではお盆に備え数百から数千本書かないとならないところがあると聞きます。
賛否両論あれど、読経などをする気持ちがこもっていれば重要なことじゃないのかもしれませんね。


お盆やお彼岸が終わり、お墓参りに行く機会も翌年のお彼岸までないという方もいるかもしれません。
御先祖様も心地よく新年を迎えたいと思っているかもしれません。
忙しい師走ではなく、11月中に行ってキレイにしておくのも何よりの供養になるんじゃないでしょうか?

副住職

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

サイトマップ
  • 高野山 金剛三昧院
  • 〒648-0211 和歌山県伊都郡高野山425番地/TEL:0736-56-3838/FAX:0736-56-2586
  • Copyright © Koyasan Kongosanmaiin. All Rights Reserved.