お知らせ
[本文はここから]

法印様の言葉

この度、金剛三昧院長老であり、塔頭寺院の東南院住職である私久利康彰は、高野山真言宗第五百十六世事務検校執行法印職に任ぜられました。

今年は高野山が開かれて1200年の記念すべき年を迎えるにあたり、四月二日~五月二十一日までの50日間、高野山開創1200年記念大法会を勤修いたします。

期間中は壇上伽藍の金堂の本尊薬師如来像のご開帳や金剛峯寺に安置されている弘法大師像も公開するなど、貴重な仏様を見る機会を得られます。

金剛三昧院でも国宝の多宝塔を期間中ご開帳いたします。
中に安置されている五智如来像は仏師運慶作のもので、未だに鮮やかな金色が綺麗さを保っております。

各寺院でもご開帳を予定されているようですし、ぜひこの機会に高野山へ足をお運びください。

高野山でお会いできるのを楽しみにしております。


事務検校執行法印  久利  康彰

 

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

サイトマップ
  • 高野山 金剛三昧院
  • 〒648-0211 和歌山県伊都郡高野山425番地/TEL:0736-56-3838/FAX:0736-56-2586
  • Copyright © Koyasan Kongosanmaiin. All Rights Reserved.