お知らせ
[本文はここから]

法印に昇進しました

法印に昇進しました 平成27年2月22日  金剛三昧院長老  東南院住職の久利 康彰が第五百十六世事務検校執行法印(じむけんぎょうしぎょうほういん)に任命され、法印職に昇進しました。

同3月13日  昇進した姿を内外の方々にお披露目させていただく場として、「転衣式(てんねしき)」を総本山金剛峯寺で執り行い、万民の方に周知していただきました。

法印とは弘法大師空海の名代となり、高野山で行われる法要を司る、高野山真言宗の僧侶の中でも最高の位に立つ僧侶の事を表します。

平成28年2月までの一年間、無魔成満(むまじょうまん…悪いことが起こらず無事に勤めきること)できることを祈念いたします。

◇「法印様の言葉」を、下記ページよりご覧いただけます。
http://www.kongosanmaiin.or.jp/whatsnew/2015/56.html

 

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

サイトマップ
  • 高野山 金剛三昧院
  • 〒648-0211 和歌山県伊都郡高野山425番地/TEL:0736-56-3838/FAX:0736-56-2586
  • Copyright © Koyasan Kongosanmaiin. All Rights Reserved.